自律神経失調症の悩みは深刻|元気を取り戻そう

医者

住民の健康を守る

多く設置される診療科

病院内

社会で暮らす人々にとって、病院は最も身近で必要な機関です。人々が生活の中で患う病にはいろいろありますが、最も多いのが急性期で言えば風邪症状や胃腸症状、慢性的なもので言えば高血圧などで長期にわたり通院をしている人が多くいます。それらの日常よくある症状をトータルで診療してくれる科は内科です。内科を設置している医療機関は多数あります。大学病院や地域の総合病院のような大きな医療機関から、地域密着型の小さな診療所でもその多くが内科を設置しています。大阪市の城東区という場所は、高層マンションが多く立ち並び、人口も大変多くなっています。その為、病院を受診する人の数も多いので、城東区には総合病院のような規模の病院から、診療所まで多くの医療機関が点在しています。

ドクター同士の連携

医療機関の規模を問わず、内科診療を行う医療機関は沢山ありますが、総合病院行や大学病院等の大きな施設では、医療機器も充実しておりさまざまな細部にわたる検査や診断が可能です。治療に関しても、一般的な診療所の内科に比べるとできることも多く高度な医療を受けることが可能なのです。一方で、地域の診療所における内科受診にもたくさんのメリットがあります。診療所と言う性質からドクターと患者の距離が近く、何でも相談しやすかったり、受付1つにも様々な手続きを必要とする大きな病院とは違い気軽に足を運んで受診することが可能です。大阪市城東区にも規模が異なる医療機関が点在していますが、人々は自身の症状や周辺環境などを考慮して受診先を選択しています。また、城東区だけでなく全国に言えることですが、機関は異なっても、例えば診療所と大学病院などの機関は必要に応じてドクター同士の連携も取れるようにシステムが確立しています。ドクター同士の連携が地域の方々の健康守ることにつながっています。