自律神経失調症の悩みは深刻|元気を取り戻そう

医者

足の付根の膨らみ

脱腸

看護師

鼠径ヘルニアはお腹側の足の付根(鼠径部)が膨らむ病気です。鼠径部には鼠径管と呼ばれる直径約1センチ程度の小さな穴が開いています。この穴や穴の周りの筋肉や筋膜が弱くなると、ここからお腹の中の一部が飛び出すことがあります。これが鼠径ヘルニアです。このヘルニアの中で一番多いのが、穴から飛び出した外鼠径ヘルニア、高齢者に多いのが穴の周りから飛び出した内鼠径ヘルニアです。どちらも外観は変わリません。小腸が飛び出してくることが多いので「脱腸」とも呼ばれています。ちなみに「ヘルニア」はラテン語で飛び出すという意味です。最初は立ち上がったりお腹に力を入れた時に鼠径部に膨らみが見られますが、これを指で押したり体を横にしたりすると引っ込んで消えます。皮膚のつっぱりやちょっとした痛みのある程度です。徐々に膨らみが大きくなってくると押しても元に戻らなくなったり固くなった状態(嵌頓状態)になり強い痛みや嘔吐の症状が起きます。こうなると緊急に手術する必要があります。お薬で治療することは出来ません。

再発を防ぐ新素材

鼠径ヘルニアの手術はヘルニアの袋(ヘルニア嚢)を取り除いて穴の空いた場所を縫い合わせるという手術が一般的でした。しかしこの方法は足の付け根のツッパリや年齢とともに筋膜が弱くなると再発するという問題がありました。しかし最近は柔らかいメッシュ状のシート(人工補強材)を使用した手術が可能となり穴をふさぐだけでなく弱くなった筋膜も補強されツッパリがなく再発も少なくなっています。手術は約1時間で終わり、痛みも少なく入院期間も短くなりました。この他に手術の傷跡が小さく術後の痛みも少ない腹腔鏡を用いた手術もあります。再発や合併症を防ぐためには、退院後は便秘をしないように気をつけ、重いものを持ったりスポーツをする場合は必ず医師の指示を守ることが大切です。