自律神経失調症の悩みは深刻|元気を取り戻そう

医者

足の付根の膨らみ

看護師

日本の鼠径ヘルニアの患者数は約14万人と言われています。その80%が男性です。鼠径ヘルニアは治療をせずに放っておくと命にかかわる場合があります。最近では新しい素材を用いた手術によって再発のリスクが減り入院期間も短くなっています。足の付根の膨らみを見つけたら恥ずかしがらずに早めに外科を受診しましょう。

Read More...

心と体を労わりましょう

原因不明の病状があります

三人の医者

体調が悪く病院を受診しても原因が見つからない場合があります。総合病院では内科と心療内科が提携して、さまざまな観点から病状の原因を追求してくれます。例えば日頃からよく起こる偏頭痛や消化器系のトラブル、不眠や憂うつ状態など、身体的な不具合だけでなく精神的な症状が現れた場合、自律神経失調症と診断することがあります。自律神経は体のさまざまな器官をコントロールしているため、一度バランスが崩れると体質的に弱っている器官に症状が現れます。自律神経失調症は更年期障害との関連も強く、女性ホルモンの働きが低下していく時期に自律神経の不具合を引き起こす人もいます。症状が多岐に渡るため、しっかりと自分と向き合って治療を始めていきましょう。

気分転換できていますか

自律神経失調症は更年期になるとすべての人に掛かるとは限りません。症状が人により異なるのと同じように、さまざまな要因が自律神経失調症を引き起こしていきます。日頃から忙しすぎて生活習慣が乱れていたり、難しい人間関係に大きなストレスを抱えている場合は発症の原因といえます。例えばうつ病といった精神疾患は自律神経失調症を併発している場合も多く、心療内科でのカウンセリングや薬物療法が必要となります。また、生まれ持った性格も大きく左右されます。あまり細かいことに気にしないおおらかな性格の人よりも完璧主義を目指す生真面目な人は自分の異変にも気が付きやすく、不具合を深く考えすぎてしまう場合があります。心理的な影響を受けやすい人は心と体をリラックスさせるための気分転換を身に付けておきましょう。

特殊外来で健康維持

院内

横浜市都筑区の内科では、ビジネスマンや子育て中の女性などを対象とした特殊外来を併設する病院が増えてきています。睡眠時無呼吸症候群外来、禁煙外来、漢方外来などがあり、予約システムや土日診療などを取り入れていることから、大勢の患者が訪れています。

Read More...

住民の健康を守る

病院内

大阪市城東区をはじめ、全国の様々な医療機関で内科が設置されています。住民自身が病状や環境によりその受診先を選択することになりますが、医療機器や提供できる医療技術にも違いがあるため、各医療機関のドクター同士が連携を取りトータルでサポートすることもあります。

Read More...